Welcome Guest 
開催のご案内
かちほこレッツ講師ブログ
個別カウンセリング
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» 当教室の方針及びレッスン、トレーニング等についてのご質問

目次


「新スキル」とは具体的にどんなものですか?
NLP(神経言語プログラム)を応用したスキルです。簡単に言えば皆さんそれぞれの心的な部分をレッスンの中で扱います。もちろん「あがり」をはじめ「苦手意識」の解消にも効果的だと確信しています。
過去にいろいろな教室に参加したのですが、思うような成果が得られませんでした・・・。
具体的にどんなレッスンを受講されたか分かりませんのでお答えしかねます。が、当教室とは「あがり」についての扱い方が違うことも考えられます。一度じっくりとお聞かせいただきたいと思います。
他の話し方教室とどう違うのですか?
比較してお答えすることは出来ませんが、当教室では、「立ち振る舞いそのもの」より「その人自身のありのままの持ち味」を重視していることは確かです。また「あがり」に対して取り組む方々を対象としています。
男女や年齢的な制限はありますか?
「あがり」はある意味、「真摯に生きている証拠」です。当然のことながら男女年齢の制限はありません。
どんな方が参加されているのですか?
「あがり解消」について前向きに取り組む意思がある方ならどんな方でも。新規開講したばかりなので具体的なことは「教室スケッチ」等でお知らせします。
教室の雰囲気はどんな感じですか?
とにかくアットホーム(和やか)なものにしたいと思います。思わず「あがり」を忘れてしまうくらい・・・。
「話し方教室」に参加するのは初めてですごく不安です。
はじめはそうだと思います。実際に「あがり」を解消されて活躍している人も同じ想いだったと思いますよ。参加者同士のコミュニケーションにも工夫して授業を展開していますのでご安心ください
話し方のプロの先生に教えてもらうのは初めてなのですが、ついていけるか心配です・・・
皆さんの実態や現状をよく把握したうえで指導させていただきます。皆さんのペースにあわせて取り組みますのでご安心ください
授業の特徴を教えてください。
定員12名。ほどよい人数の中で実践的なレッスンを展開します。一方的に指導するのではなく、皆さんにも考えていただく時間も設けてあります。講義の後には必ずその内容に基づくスピーチが組まれています。
授業の構成を教えてください。
「話し方のレッスン」と「心的トレーニング」を各回交互に行う2部構成です。この2つの側面によって「あがり」の解消を実現していきます。
心的トレーニングとはどんなものですか。あがりに効果があるのですか?
NLP(神経言語プログラム)を応用したトレーニングです。ごく簡単に言ってしまえば人の潜在的な意識、能力に投げかけるものです。あがりの解消にも効果的です。他の教室ではあまり取り入れていないものです。
心的トレーニングと聞くと少し違和感を持ってしまいますが・・・
催眠術ではありませんし、特にあやしいものではありません。どちらかというと「心理学」に近いものとお考えいただいた方がよいと思います。「あがり」も人間の心理が引き起こすものですから・・・。
コーチングとはどんなものですか。あがりに効果があるのですか?
ここでは「なりたい自分になるために(自己実現するために)ひとつひとつの行動を創る」サポートをすることを言います。あがりは生理的反応ですから直接はコーチできませんが、「話す」ことの背景を創造することや動機付けには効果を発揮します。詳しくは、マンツーマン・コーチングセッションのページをご覧ください。※マンツーマンによるレッスンは現在休止中です。
あがりのメカニズムも教えてもらえるのですか?
例えば「医学的な見解」とかおっしゃられるとはっきり申し上げて専門外です(ごめんなさい)。この部分を深く掘り下げることはしませんが、人間の心理的な側面から必要な範囲で解説を加えていきます。
知らない人と打ち解けることが本当に苦手なのですが?
ご安心ください。参加者同士打ち解けるためにレッスンに工夫がしてあります。これも「あがり解消」の第一歩ですね。
教室に来ている人は皆さんあがり症なのですか?
一応そういった趣旨の教室ですので・・・。ただし「あがり症と決めつけている」のは案外自分自身だったりして・・・。うーん意味深ですね
友人を誘って参加したいのですが?
もちろん歓迎です。同じ悩みや目的を共有して励ましあうことも大切です。ただ「あがり」には個人差もありますので進め方が異なってくることもあります。
私はあがりの中でも極度の「あがり症」だと思います。他の方に迷惑がかからないか心配です?
実際に「あがり」には個人差があります。皆さんのレベルに応じてレッスン内容も配慮しますのでご安心ください。
「人見知り」な性格です。教室で浮いてしまわないか不安です?
実際に話をお聞きすると「あがり症」とおっしゃる方にはそう言う人が多いようです。上手くサポートしますのでご安心ください。
苦手なことは避けて通る性格です。授業について行けるでしょうか?
前向きに取り組む姿勢を持つことが第一です。そうすれば必ず成果に繋がるはずです。不安になったときはその都度相談してください。
そもそも人間関係が苦手なのですが?
実際に話をお聞きすると「あがり症」とおっしゃる方にはそう言う人が多いようです。「自信」の獲得がきっとよい方向に向かうはずです。
授業の中で講師に質問することができますか
「あがり」「話し方」「スピーチ」など皆さんのお役に立てることであればOKです。もちろん質問タイムか講義終了後またはメールにてお願いしますね。
授業の中でスピーチする際に原稿を持っていても良いのですか?
もちろん構いません。いずれは原稿がなくてもスピーチ出来るよう段階的にステップアップしていきましょう。
毎回、宿題があるのですか?
特にありません。「あがり解消」は皆さんの意思によるものです。宿題というよりも皆さん自身で「課題」を設定して取り組むことが理想だと思います。
欠席したら遅れをとってしまいますか?
可能な限りフォローしていきます。毎回各自のスピーチタイムを設けていますのでそれだけの参加でも効果はあがるはずです。
他の話し方教室との掛け持ちは可能ですか?
もちろん可能です。ただし「あがり」に関する捉え方が違うことがありますので、そのあたりは各自でご理解のうえで教室選びをされると良いと思います。
いつも同じメンバーだと緊張感がなくなってしまうのでは・・・
なるほど確かに・・・。当教室ではゲスト講師を招く等、常に新鮮で活性化された講義を実施できるよう心掛けています。適度な緊張感を創り出します。頼もしい質問ですね。
あがり対策のほかに「正しい(好印象の)話し方」も身に付けたいのですが・・・
もちろん可能です。発声からはじまって好感の持てる表現力までも習得することが出来ます。楽しく話すことが一番好印象に繋がるかもしれませんね。
最近職場で「事務的な喋り方だ。」と指摘されました。話し方の表現力を身に付けたいのですが・・・
当教室のモットーのひとつに「コミュニケーション会話」を身に付けることが含まれています。きっと気持ちのこもった話し方も身に付くはずです。
自分はユーモアがないと思っています。上達できるでしょうか?
もちろん上達できると思います。なぜなら皆さんには、必ず「持ち味」があります。まずは自分らしく話すことを心掛けましょう。
もっと論理的で相手に分かりやすく話ができたらと思うことがあります・・・
もちろんスピーチタイムの中で練習していきます。限られた時間の中で要点を絞って話すことは結構難しいものですよね。
吃音にも効果があるのですか?
そうですね・・・。しっかりとした発声、滑舌など話し方の基本トレーニングもありますので、そうしたところでは効果に繋がると思います。
あがりに関する個人的な相談にものっていただけるのでしょうか?
教室のテーマに関することであれば可能な限りサポートさせていただきます。講師に声をかけてください。
数回の参加で本当にあがりは治まるのですか?
個人差もありますし確実にということは言い切れません。12回(話し方レッスン6回、心的トレーニング6回)コースにしてあるのは、あえて「卒業」を意識していただくためです。「話し方教室では上手く話せても実際の場面では・・・」というケースもよく耳にします。それでももし不安でしたら継続すればよいと思います。
あがりに関する「短期集中レッスン」はあるのですか?
残念ながら当教室においては、今のところそうした企画は予定していません。また企画したらホームページ等でお知らせします。
"名古屋かちほこレッツ" 今までの話し方教室のイメージとなんだか違うような感じです・・・
うーん確かに。これ質問ですか・・・? 一応「ありがとうございます」(笑)
加者の方は名古屋近郊の方たちが多いのですか?
そうですね。会場が栄ですし・・・。教室の中で名古屋弁が飛び交ったりして(笑)
名古屋以外の会場でも話し方教室を実施されることはあるのですか?
申し訳ありません。今のところ名古屋地区限定で実施したいと考えています。ただ全国どこからでもご参加のお受付は可能です。また指導講師については、他のカルチャーセンターが主催する「話し方教室」にも出講しています。
"名古屋かちほこレッツ" のモットーは何ですか?
もちろん「あがり症」等の苦手意識を解消していただくことです。ただし「あがり」を克服するということではなく「話すこと」の楽しさやをもっともっと皆さんに気づいていただくことを第一に缶変えています。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Copyright 2006 Nagoya Kachihoko Let's ALL Right Reserved